読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケセランパセリン

関ジャニにハマるかもしれないとあがき続けるブログ

どうして十祭のtornにあそこまで興奮できるのか

そもそも関ジャニの曲「torn」は錦戸亮大倉忠義のユニット曲だ。関ジャニの正統派ビジュアル担当の二人組だからか、その当時の関ジャニシングルでは想像しがたい正統派恋愛ソング。余談ですけど初期のころの大倉さんのLIVE映像を見るに結構正統派なアイドル演ってますよね。初めてのカウコンだったかで「君たちの初めてもらっちゃった♡」とか言ってた。

大体関ジャニの曲でいいのってアルバムとかB面(古)に入っていることが多くって、でもそのいい曲を聴くためには表題曲に興味を持ってもらって買ってもらわなくてはならず、戦略としては効率が悪い気もしますよね。私は特にシングルはよほどのことがない限り買わないもので。LIVEの円盤貸してもらわなかったら一生涯知らなかった曲ばっかりです。でもその円盤一枚で関ジャニが気になりだして結局こうしてブログを書いているわけですので、布教活動ってつくづく侮れないっすよね。

話がずれました。

「torn」自体の歌詞はなんてことないんです。なんかとりあえず女の子傷ついてんなみたいな。癒してあげたいけど触れないんだ~~みたいな歌詞。だからこれは錦戸さんと大倉さんのセクシーな歌い方とダンス、二人の絡みを見るための歌だと解釈しています。実際伏し目がちに流すように踊る二人に歓声を上げるファンも多かったと思う。私は円盤でしか見たことないんだけど。

で、十祭ですよ。関ジャニ10周年を記念してユニット&ソロ曲をメンバーシャッフルして披露しようって企画で、錦戸さんを横山さんが、大倉さんを村上さんが披露したんですね。ファンの間では『ヨコヒナ』と呼ばれる二人。別名夫婦。新規の私には「なんでヒナヨコではないんだろう」って訊いちゃいけない風潮があります。なんか理由あるんすか。教えてください。まあ、その二人が披露しているDVDを見せてもらったんですけど、初めて「torn」いいんじゃね?って心が動いたんです。

正直正規メンバーの「torn」はどこにでもあるジャニーズの歌、しかもB面らしいB面ってイメージがぬぐえませんでした。関ジャニには正統派なジャニーズの歌も数あるけど、関ジャニだからこういうパフォーマンスになっているんだな、というか、関ジャニらしさとジャニーズらしさが共存している曲に大概なっているんだけども、この曲はKAT-TUNの誰か2人がやってもいけそうじゃないかとか予想できるんですよね。曲自体はセクシーで、関ジャニの中でセクシーな曲を歌うならまあこの二人だろうなとも予測がつく。でも別にセクシーなジャニーズは他グループにもいるわけです。

それが横山さんと村上さんでは二人の曲になってた。正確には、彼らは慣れない表現に一生懸命自分たちを落とし込もうとしていた。

村上さんは普段はおよそセクシーなダンスとは程遠い踊り方をしているし、横山さんはそもそもあまりダンスが得意ではない。それでもこの曲をちゃんと表現しようと、生真面目に既存の振り付けをすべて踊ろうとしていました。

同じ曲をずっと踊っていると、どうしても表現を変えようとしたり、緩急をつけるためにここは流してもいいんじゃないかと判断したり、歌に集中して少し踊りを休憩したりすることは必ずあるんですよ。ファンはそういう「時間の経過で生まれる成長」って大好物じゃないっすか。でも、二人の「torn」はそれが一切なかった。体がしんどくなって踊りがおろそかになることはあったかもしれないけど、二人ともこっちが一目でわかるくらい『一生懸命』踊ってました。特に村上さんなんてすごく必死に。君絶対振りの”タメ”とか頭にないよな。全部全力。そこがすごくいいんだけどさ。

自分たちの歌でないからこそ、既に錦戸さんと大倉さんの「torn」で完成されているからこそ、ある意味稚拙で不格好な十祭の「torn」は鮮烈に私に映りました。

歌い方も全部全力、そりゃそんな力んでたら君の心も焦がしちゃうわと思うほど一生懸命で、でもそこにずっと注目してしまうくらい、彼らは魅力的に見えました。

 

AKBグループをプロデュースする秋元康は、曲のイメージと全然違うメンバーをキャスティングして、その曲にあうように頑張っている姿をファンに見せようとすることがままあるんですが、確かにその戦略効果絶大だわと実感できる3分間でした。

 

Amazon.co.jp | 十祭(通常盤) [DVD] DVD・ブルーレイ - 関ジャニ∞