読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケセランパセリン

関ジャニにハマるかもしれないとあがき続けるブログ

丸山隆平のギャグから学ぶ「お笑いとは何ぞや」

関ジャニ∞の丸山さんがライブでよくする一発ギャグがある。

LIVEを何かしらで見たことがある人には分かってもらえるであろう、「Pang!」って叫んで、開いた手を前方に押しだすあのギャグです。ファンの人なら一緒にやっているアレ。

アレ多分普通にお笑い芸人がやっていたらうんともすんともならないギャグじゃないですか。でも、関ジャニを好きな子ならまあ大体ライブでやってもらっているとテンションは上がると思う。

ああいうギャグっていうものの中には、笑いの要素に「知っているかどうか」が結構作用してくると思うんですね。

ファンの間で有名なギャグ。ギャグじゃなくてもフレーズ。それを生で見られた!やった!って時の興奮。それらが大きく作用して、あの盛り上がりになっているってのが正解に近い気がする。

私が好きなお笑い芸人さんで、一発ギャグをやってもやっても受けない人がいるんですよ(実際には失笑。ネタとしては面白いのにギャグを挟むから少し白けてしまう感じ)。でもその芸人のネタで「ブスは待つ!!」って叫ぶ箇所があったんですね。ネタの説明をすることほどつまんねえものもないので経緯は省きますが、ともかくそのフレーズが非常にお客さんに受けたまして、次のネタから単独ライブでは派生した「ブスは○○する!!」というフレーズを入れてくるようになりました。私たちもブスですので非常に失礼なブスあるあるの共感性もあり、あとはあのフレーズを聞けた!という興奮もあり、最近では拍手したネタもあります。おそらく芸人さんはこれをギャグとして使おうとは思っていなかっただろうけど、まあ決め台詞的な位置には置いていたはずですが、ともかく、ギャグって純粋に面白いだけの要素ではなかなか笑いに持っていけないんです。

だから何が言いたいかって、丸山さんのあのギャグ本当に面白いの?ってことなんだけど!!アーアー言っちゃった!!だって本当に面白いかな!?そんなこと聞ける人いないからここに書いちゃうけど!!

分かってる、アイドルがやるから面白いギャグってのもありますよね。「普通はやらないであろうアイドルが一発ギャグを積極的にやっている」というところに価値があるわけで、その笑いの中には『よく頑張ったね!』的な感情の割合もかなり含まれる。丸山さんがやるより控えめな変顔を大倉さんがしていたって、普段絶対やらない分、丸山さんより迫力があるでしょうよ。私が言いたいのはそういうことで、そんで素直に丸山さんのギャグを面白がれない私が悔しい!

 

ただ、丸山さんのファンに対するサービス精神は本当に頭が下がるし、アイドルとしては非常に素晴らしい存在だと思います。

芸人オタだったからね!!そこが切っても切り離せないだけで!!!